エコ・クッキングプロジェクト

EDO→ECO エコ・クッキングプロジェクト

皇居外苑 楠公レストハウスとの協働プロジェクト

一般財団法人国民公園協会 皇居外苑とエコ・クッキング推進委員会、東京ガス株式会社との協働プロジェクトで2009年にスタートしました。
循環型社会といわれる江戸時代に焦点をあて、創意工夫で編み出された江戸庶民の味をエコ・クッキングで再現し、食育及び環境教育に貢献することを目的としています。
皇居外苑 楠公レストハウス

皇居外苑 楠公レストハウスとの協働プロジェクト

江戸の味とエコ・クッキングを融合させた「江戸エコ行楽重」

江戸時代の食文化は、旬の食材や地元でとれた食材を無駄なく使い切り、わずかに残った野菜のくずなどは堆肥にして活用するなど、現代のエコ・クッキングにつながる理にかなったものでした。
「江戸エコ行楽重」は現代の食材を使い、当時の文献などをもとに「江戸の味」をエコ・クッキングで再現しています。
メニューは江戸時代のお寿司を中心にした「会席」、江戸時代の有名な料理書『豆腐百珍』に掲載されていた五色田楽、江戸の天ぷら2種などが入った「参の重」、参の重に、江戸風の調味料“煎り酒”でいただくお刺身が加わった「与の重」(写真)があります。
レシピは東京家政学院大学名誉教授の江原絢子氏が監修。

江戸エコ行楽重

「江戸エコ行楽重」を召し上がっていただいた方には、「EDO→ECOエコ・クッキングプロジェクト」小冊子をプレゼントしています。
江戸時代の食生活の様子やエコ・クッキングの内容、「江戸エコ行楽重」の料理解説や開発の経緯などが掲載されています。

「EDO→ECOエコ・クッキングプロジェクト」小冊子

「江戸エコ行楽重」をアレンジした空弁と駅弁

「江戸エコ行楽重」をアレンジした2種類のお弁当「江戸かおりづめ」(写真)と「江戸のり笹巻」が開発されました。現在、羽田空港BLUE SKYやJR東海の東京駅・品川駅・新横浜駅で販売中です。
監修は楠公レストハウス総料理長の安部憲昭氏。

「江戸エコ行楽重」をアレンジした空弁と駅弁

GREEN♡ECO エコ・クッキングプロジェクト

新宿御苑レストランゆりのき、カフェはなのきとの協働プロジェクト

一般財団法人国民公園協会 新宿御苑とエコ・クッキング推進委員会、東京ガス株式会社との協働プロジェクトで2009年にスタートしました。
緑あふれる新宿御苑は、都市の温暖化を緩和するクールアイランド効果もある、自然と環境を守る都会のオアシスです。明治時代には日本ではじめて西洋の野菜や果物などを栽培した歴史があります。プロジェクトでは新宿御苑ゆかりの野菜やハーブを使ったオリジナルエコ・クッキングメニューを提供し、家庭でのエコ・クッキングの普及啓発と実践を推進しています。
新宿御苑レストランゆりのき

新宿御苑レストランゆりのき、カフェはなのきとの協働プロジェクト

御苑ゆかりの野菜とハーブを生かしたエコ・クッキングメニュー

レストランゆりのきでは、家庭でも実践しやすいことを念頭に、エコ・クッキングメニューを開発しました。
その一つがエコドライカレー&季節のハーブサラダ、みかんラッシーがセットになったエコ・クッキングセットメニューです。ドライカレーは旬の野菜を丸ごと使い、特製サラダには御苑ゆかりの野菜やオリーブ、ハーブが使われています。ご飯の盛りつけなど、食べ残しを減らす工夫もされています。
店内には、エコ・クッキングセットメニューのレシピが書かれたチラシを置いて家庭で作ってもらうことを促し、エコ・クッキングの普及・浸透をはかっています。

エコドライカレー&季節のハーブサラダ、みかんラッシー

かつて、新宿御苑のシンボルツリー「ゆりのき」の種子から全国の美しい街路樹が誕生したように、「レストランゆりのきからエコ・クッキングの種を飛ばそう」をコンセプトにしたパネルを設置。レストランゆりのきの取り組みや、エコ・クッキングの効果、家庭で実践できるエコ・クッキングについて紹介しています。

「レストランゆりのきからエコ・クッキングの種を飛ばそう」をコンセプトにしたパネルを設置

※エコ・クッキングは東京ガス(株)の登録商標です。

食育
東京ガスの食育とは
キッズ イン ザ キッチン
味覚の一週間®
食育関連副教材
エコ・クッキング
エコ・クッキングとは
講座、イベントのご案内
EDO→ECO エコ・クッキングプロジェクト
GREEN♡ECO エコ・クッキングプロジェクト
商標使用のご案内
食育
食育TOP
東京ガスの食育とは
キッズ イン ザ キッチン
味覚の一週間®
食育関連副教材
エコ・クッキング
エコ・クッキングTOP
エコ・クッキングとは
講座、イベントのご案内
EDO→ECO エコ・クッキングプロジェクト
GREEN♡ECO エコ・クッキングプロジェクト
商標使用のご案内