まずは身の安全を確保してください。

地震のときは

❶ まずは身の安全を確保して!

  • 机の下などに見を隠し、座布団や雑誌などで頭部を保護します。
  • 震度5程度以上の地震発生には、ガスメーターが自動的にガスを遮断します。
  • 地震で大きく揺れているときは、危ないので、火に近づかないようにしてください。
まずは身の安全を確保して!

❷ 揺れがおさまったら、あわてずご対応ください。

  • ガス機器の火を消してください。
  • 使用中の電気器具のスイッチを必ず切ってください。特に、アイロンやドライヤーなどの熱器具は火災の原因となりやすいため、プラグをコンセントから抜いてください。
  • 地震が発生しても、電気設備に異常がなければ、電気の供給は継続します。
    万が一、家を離れて避難する場合は、ブレーカーを必ず「切」にしてください。
揺れがおさまったら、あわてず、ガスの火を止めて!

❸ 換気扇や電気のスイッチにさわらないで!

  • ガスのにおいがしたら、火をつけたり換気扇や電気のスイッチには絶対に触らないでください。
  • 可能な範囲でガス栓とメーターの元栓を閉め、窓を開けて換気をし、すぐに東京ガスに連絡をしてください。
換気扇や電気のスイッチにさわらないで!

❹ 地震がおさまって、安全を確認してから、ガス・電気をお使いください。

  • ガス・電気をお使いいただく際は、ガスのにおいがしないことを必ずご確認ください。
  • ガスは元栓を開けて使用することできます。
  • ガスが出ない時は、ガスメーターの安全機能が作動していますので、点滅を確認し、復帰操作を行ってください。
ランプが点滅

警戒宣言が発令されたら

地震の警戒宣言が発令されても、お客さまにご不便をおかけしないよう、ガスの供給を続けます。ご使用には十分ご注意ください。

発令中の注意点

火の使用は最小限に
・なるべく火気を使用しないようにしてください。
使っている火のそばは離れない
・やむを得ず火を使う場合には、いつでも消火できるよう最後まで火のそばを離れないでください。
・また、浴槽などにできるだけ水を多く貯めたり、消火用具の用意をするなど家庭で協力しましょう。
使っていないガス栓は閉めておきます
・使っていないガス機器の栓は閉まっていることを確認してください。
・家具の転倒や落下防止も確認します。
・動きやすい服装に着替えておきましょう。
避難するときは可能な範囲でガス栓やメーターの元栓は閉めましょう
・大きな地震の際はガスメーターの機能により安全を確保しますが、可能な範囲でガス栓とメーターの元栓も閉めておいてください。

このページの先頭へ