マンションでも電気の契約は自分で
出来る!電気代を節約する方法を紹介

マンションに住んでいる方は、「電気の契約は自分で出来ない…」と思っていませんか?電力自由化によって電力会社を自由に選べるようになり、マンション住まいの方や賃貸マンションに暮らす方も、ほとんどの場合、電気の契約が自分で出来るようになりました。当記事では、電気代を節約するためにどんなことができるか、ご紹介しましょう。

そもそも電力自由化って?

電力自由化によって、マンションに住んでいる方でも自由に電力会社を選べるようになりました。そんな電力自由化とは、そもそも何なのかおさらいしてみましょう。
電力自由化とは、2016年4月に行われた法律改正で始まった制度のこと。それまでは、関東エリアなら東京電力、関西エリアなら関西電力、北海道なら北海道電力というように、地域で利用できる電力会社が決められており、自由に選ぶことができませんでした。しかし、電力自由化によってこのような制約が撤廃され、さまざまな企業が電気事業に参入できるようになりました。「消費者は電力会社を自由に選ぶことができて、企業も電気事業に参入する自由を得られること」が、電気の自由化といえるでしょう。
資源エネルギー庁の資料によると、小売電気事業者の登録数は2016年4月時点では291件。しかし2021年3月には713件と、順調に増え続けています。そして多くの企業が電気小売事業に参入することにより価格競争が起き、消費者はよりお得なプランを選んだり、ライフスタイルにあわせて電力会社を選べるようになっているのです。

賃貸マンションでも
電気の契約は自分で出来る?

マンションの場合、電気は一律で統一されていると思われるかもしれません。現在マンションに住んでいる方やこれからマンションに引越しする方などは、電力会社を自由に選べるのでしょうか?
その答えは、「YES(できる)」。マンションに住んでいても賃貸マンションであっても、多くの場合、個々の世帯が自由に電力会社を選んで契約することができます。電力自由化がスタートしましたが、電力を供給する電線は現在のものをそのまま使うので、特別な工事なども必要ありません。近年は電力メーターを新しい「スマートメーター」と呼ばれるものに切り替える作業が進んでいます。スマートメーターには通信機能がついており、電気使用量のデータを通信機能で送信することが可能。これまでは電力会社の人が各家庭をまわりメーターを検針していましたが、それが不要となっているのです。もし自宅マンションのメーターがスマートメーターになっていれば、そのまま電力会社を自由に選んでOK。スマートメーターがついていない場合でも、新しい電力会社と契約すればスマートメーターに交換してくれるでしょう。

自分で電力会社を選べない場合も

ただしマンションでも、自分で電力会社を選べない例外があります。それは、マンション1棟分の電気について、同じ電力会社と一括で契約する「高圧一括受電」している場合。そのようなマンションでは、安価な料金で高圧の電力が一括供給されています。そのため、各部屋の住人が自由に電力会社を選ぶことができないのです。

マンションの電気代を節約する方法

電力自由化によって自由に電気会社を選ぶことは、電気代を抑えることにつながります。また、毎日使う電気だからこそ、小さな取り組みが月々の電気代を軽減してくれるはずです。ここからは、電気代を節約できる方法について考えてみましょう。

節約方法1:契約アンペアを見直す

契約アンペアとは、どのくらいの電気が必要になるかを設定するものです。一般家庭では、30A、40A、50Aのように選べて、契約アンペア数が大きくなるほど一度に使える電気量が増え、電気の基本料金が高くなります。電気使用量のお知らせに契約アンペア数が記載されていますので、それを確認してみましょう。一般的なアンペア数の目安として、以下を参考にしてください。

  • 1人・2人世帯:30A
  • 3人世帯:40A
  • 4人世帯:50A
  • それ以上の世帯:60A、または60A以上

契約アンペア数が小さすぎると、契約している電気量を越えて使った場合、ブレーカーが落ちてしまいますのでご注意ください。

節約方法2:待機電力を減らす

家電製品をコンセントにさしたままの状態でいると、その家電の電源を入れていない状態でも、一定の電気を消費してしまいます。これを待機電力といいます。1年間の待機電力は1世帯あたり約6,000円近くにものぼるといわれ、決して無視できるものではありません。そのため、家電を使っていないときは、コンセントからこまめに抜くように心がけましょう。コンセントをこまめに抜くことができない電話などは、省エネモードが搭載されている場合は利用するといいでしょう。

節約方法3:季節にあわせて
家電の設定を見直す

季節ごとに、家電の設定を変えることも大切です。例えば冷蔵庫は、家庭で消費する電力のうちおよそ2割ほどを占めています。寒い季節なら、庫内の温度を「中」や「弱」に設定するなどしてみましょう。また、庫内にものを多く詰め込みすぎず、頻繁に出し入れしすぎないなども心がけるといいでしょう。さらに、エアコンを使う場合は、外気温と設定温度の差が大きいほど多くの電気を使うことになるため、適切な温度に設定を。加えて、フィルターをこまめに掃除しておくといいでしょう。

節約方法4:炊飯器・電気ポットの
長時間の使用を避ける

炊飯器や電気ポットなど、保温する機能のある家電製品は、できるだけ長時間使うことを避けたいものです。保温している間に電気を使用しますので、ごはんやお湯を再び温めたい場合は、その都度電子レンジなどを使って温めるといいでしょう。パソコンも、シャットダウンした後すぐに再び起動する予定があるのなら、スリープ状態にしておいた方が電気をあまり使用しません。

節約方法5:カーテンで断熱する

夏のエアコン使用時や冬の暖房使用時に、冷暖房の効果をアップするためには、ぜひカーテンを活用しましょう。夏なら太陽の日差しを避けて室内の温度が高くなるのを防ぎ、冬は外の冷たい空気が侵入し室内を冷やすのを防げます。特に部屋のカーテンは、断熱効果のあるものがおすすめ。断熱効果のあるカーテンを使用すると、部屋の窓周辺が密閉状態となるため、冷暖房が効きやすくなります。

節自分の生活スタイルに合った
電気料金プランを契約する

自分の生活にあった電気料金プランを選ぶことも大切です。例えば東京ガスでは、基本プランと東京ガスを契約することで割引になるメニューが人気。試算によると、1人世帯なら年間の電気料金が1,000円、戸建て3人世帯なら年間6,200円もお得になります。電気やガスは毎日必ず使うものなので、少しでも費用を抑えられるプランを選ぶといいでしょう。

マンションでも電力会社を
見直して電気代をセーブ

マンションでも、一部の条件を除いて、電力会社を自由に選んで契約できることがおわかりいただけたでしょうか。電気代を抑える方法はいくつもありますが、その第一歩として電力会社を見直してみることも大切。自分のライフスタイルにあわせて、電力会社選びを考えてみてはいかがですか?

電気使用開始/停止
のお申し込み