SNS投稿に見るリアルな現状
統計やSNS投稿により調査
火の消し忘れが招く結果とは?

ガスコンロの火を消し忘れて放置すると危険。それは誰しもわかっているはずですが、実際に消し忘れるとどうなってしまうのか想像してみたことはありますか?
今回は消し忘れが招いた結果を統計から、消し忘れにまつわるリアルな現状をSNSの投稿から、それぞれ調べてみました。

友だちがTwitterで「ガスコンロ消し忘れて火が上がった!」なんて投稿をしてる。自分で消し止めたみたいで笑い話にしてるけど、本当は大ごとよね。そのまま気付かなかったらどうなったのかしら…。
そうですね。消し忘れは笑いごとにはなりません。家庭内での事故の調査結果や、お友だちのようにSNSで消し忘れについて投稿している方の内容について詳しく調べてみましょうか。
ガスコンロの消し忘れが
火事につながる?
統計情報からわかること

総務省消防庁「平成29年版 消防白書」によると、平成28年中の出火件数は36,831件。内、「ガスコンロ」が発火源となったのは3,136件で全火災の8.5%でした。そして、その内49.7%が消し忘れによるものとなっています。
全国で年間1,558件が消し忘れにより火災が発生していることになるのです。最近のコンロにはすべてのバーナーに安全センサーが搭載されるなど、火災の総数自体は減っていますが、まだ旧タイプのコンロをお使いになっている方もいらっしゃるでしょう。

平成28年中の出火件数 総務省消防庁「平成29年版 消防白書」より
順位 発火源 件数
1位 消し忘れ 1,794
2位 過熱 338
3位 可燃物の接触 286

* 上位3件のみ表示

SNSの投稿からリアルな
「消し忘れ」事情を調査

統計情報による数字だけでは実感がわかないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回、Twitterで「火 消し忘れ」「ガス 消し忘れ」のキーワードが含まれる投稿を調査してみました(広告やRT(リツイート)など関連のないものを除いた、直近2年間における133件の投稿をサンプルとして調査)。

実際に消し忘れた人、消し忘れたか心配している人、家族が消し忘れてしまった人など、さまざまな人がその状況について投稿をしています。

その投稿文には、「弱火」「火事」「味噌汁」という言葉がよく含まれていました。
例えば、以下のような投稿があります(投稿文は加工して紹介しています)。

夜消し忘れていたようで、火がかすかについていて驚いた

夜遅くまで作業していたら、ガスコンロから弱火が。
夕ご飯のときから?

いつも弱火でじっくりだから消し忘れが気になる。
今度から強火でいこうかな

料理を長く煮込んだあと、火をつけたまま皿に盛ってそのまま忘れてしまったり、弱火で確認しづらく、フライパンや鍋に隠れて視界にも入らなかったりといったケースが多いようです。
また、「火を消し忘れて病院に行ったり買物に行ったりしてしまった」という方もいました。消し忘れ時の状況としては、「他のことをしていた」「寝てしまった」「外出してしまった」というパターンに分けられそうです。

随分前に火事になったことがあるけど、ガスコンロを消し忘れたから。
それ以来揚げ物を作らなくなった

火がついたまま寝てしまい、警報器を作動させてしまった

家の中が煙だらけになった…

のように、煙で済んだ人、警報器を作動した人、火事にまでなった方など色々です。

消し忘れを起こしやすい
人の
パターンは?

消し忘れをした人は、普段料理をしている人が当然多くなり、女性本人や母親、祖母が消し忘れをしたというケースが多くなっています。

また、消し忘れについての投稿の中には、「こういうミスが多過ぎる」「うっかりが続く」「なんでいつもこうなんだろう」「今月だけで何回も消し忘れている」など、同じようなミスを何度もしていると嘆いている方も多かったです。中には何らかの病気であったり、(親が)高齢のためであったりするのではないかと考える方も。

ガスコンロの消し忘れ
による事故を防ぐには?

昔と比べて安全になってきているとはいえ、ガスコンロの火を消し忘れてしまうと火事の原因になってしまうなど危険です。
弱火、煮込み料理の後などは消し忘れをしやすいというのが、SNS投稿の内容を見てわかります。また、うっかりが多い人、料理を作ることが多い人、高齢の方も特に気を付けた方がいいでしょう。
しかし、そういった傾向に関わらず、誰でも消し忘れを起こす可能性はあります。意識を高めるのも大事ですが、それだけでは完全には防げません。

いざというときの備えとしては、東京ガスの「くらし見守りサービス」に申し込んでおくと安心です。「くらし見守りサービス」は、ガスの消し忘れに気付いたとき(もしくは、気になったとき)にガスを遠隔遮断したり、ガスが長時間使われているときにお電話でお知らせするサービスです。
ガスコンロの消し忘れによって最悪の場合火事になる。そんな結果を防ぐためにもぜひご検討ください。

東京ガスの

くらし見守りサービス

ガスのあるくらしを見守ります!
ご利用要件
東京ガスのガスをご利用中の方であればお申し込みの上、月額500円(税込)でご利用いただけます。
サービス内容
対象となるトラブルの例 対象となるトラブルの例