エネファーム

資料請求・見積もり

停電時も安心(オプション)

「停電時」にもエネファームが発電できます。

もしもの停電時でも“電気が使える”安心を。
エネファームの停電時発電機能オプションを設置すると、
万が一の停電時でも照明や通信機器での
情報取得などに使える電力を確保することができます。

※停電時にエネファームを発電させるには、都市ガスと水道が供給状態であることが必要です。
 電力使用状況等により、エネファームの発電条件は異なります。

使用電力量と使用可能時間の目安

オプションA

最大使用電力

約700W

発電可能時間

最長約4日間

  • ●発電継続用切替ユニットで最大50W程度消費するため、
    発電電力750Wから50Wを差し引いた 約700W が使用可能電力となります。
  • ●使用電力には、貯湯ユニット、バックアップ熱源機の消費電力も含みます。

オプションB

最大使用電力

約700W

  • ●自立起動用切替ユニットで最大50W消費します。
  • ●1時間に1回程度リモコンで使用電力をご確認ください。
  • ●使用電力には、貯湯ユニット、バックアップ熱源機、非常灯の消費電力、蓄電池への充電電力を含みます。
  • ●太陽光発電の自立出力がある場合は、エネファームが停電発電起動中、および停電発電モードが「停電発電切」のときに、太陽光発電の発電電力により蓄電池への充電が可能です。(別途工事が必要になります)
最大使用電力
使用電力 発電継続可能時間※
700Wまでの使用 最長約4日間(96時間)
900Wまでの使用 最長約10時間
1200Wまでの使用 最長約2時間

※発電継続の場合は停電前の発電開始から、自立起動の場合は起動後の発電開始から計算

消費電力の目安

停電になったら、不要な電気製品は使わず、生活に最低限必要となるものを選んで使うようにしましょう。

(*) 乾電池で動作するガスコンロが使用できます。

停電時の注意事項(オプションA、B共通)

  • ●使用電力が上限を上回らないよう、リモコンで消費電力を確認しながら電気製品を使用してください。
  • ●IHクッキングヒーター、電子レンジ、ヘアドライヤー等の消費電力の大きなものや、冷蔵庫※、掃除機、洗濯機、エアコンなどの一時的に大電流が流れるような電気製品は、対応できません。
  • ●使用電力の合計が最大使用電力(A:700W、B:1200W)を超えると、一旦電気出力をストップし再度供給することを何回か繰り返します。速やかに電気製品の電源を切らないとエネファームは停止となります。
  • ●停電時の運転はエネファームの学習機能には反映しません。
  • ●停電中は太陽光発電による電力表示はできません。

※パナソニック製の省電力型の冷蔵庫[年間消費電力230kWh/年以下]は対応できます。(オプションBのみ)