かしこいエネルギーの選び方

1. 基本は「給湯」と「暖房」

ここでは、住まい全体の視点から設備選びのポイント、組み合わせについて考えてみます。

一般的に、設備選びの基本は「給湯」と「暖房」です。「給湯」は快適な暮らしに欠かせないお湯を作る設備ですし、「暖房」は快適な室温をコントロールする設備です。使用する機会の多い設備に重点をおき、家族の暮らし方に合ったものを選ぶようにします。

家族のライフスタイルも多様化し、さらに年々変化していきます。こうした変化に柔軟に対応できることも大きなポイントです。敷地や近隣、周辺環境を考えると、これからは設備機器の大きさや位置にも配慮が必要でしょう。10年後、20年後を見越して選ぶ眼が必要です。

1. 基本は「給湯」と「暖房」

2. 次は「コスト」と「快適性」

設備のよさは、性能の高さやコストの安さばかりではありません。住み始めて何年たっても、いつも快適に使えるようにきちんとメンテナンスされていること。日々のお手入れが簡単であると同時に、プロの目でしっかりサポートしてくれるメンテナンス体制が充実しているかどうかをチェックします。

コストを考える時には、イニシャルコストだけでなくランニングコストも重要です。いくつか組み合わせることで効率よく使いやすくなるシステムがあります。割安になる料金プランもありますが、家族のライフスタイルに合わないと「お得」にはなりません。コストと快適性のバランスを考えて、ほんとうに満足できるモノを選ぶようにしましょう。

2. 次は「コスト」と「快適性」

3. TESを使ったシステムと「オール電化」の比較

最後に、快適に使える設備の組み合わせを紹介します。「ガス・電気複合システム」と「オール電化システム」で、給湯・風呂、暖房、乾燥、メンテナンス、設置性、電気容量、イニシャルコスト、ランニングコストの9項目で比較してみました。新築やリフォームを考える時の参考にしてください。

ガス・電気複合システム(TES利用)

給湯や床暖房、浴室暖房を東京ガス温水システムTESで行う組み合わせです。建築計画にあわせてTESを計画すると、スペースや能力の点で効率の良いシステムになります。1台の熱源機で何室も床暖房ができ、設置後もTES端末機器とガス製品に対して東京ガスが一貫してメンテナンスを行います。

ガス・電気複合システム(TES利用)
ガス・電気複合システム(TES利用)

オール電化システム

ガスは使いたくないという方に。すべて電気でまとめた組み合わせです。システムではなく個別の設備の組み合わせなので、メンテナンスもそれぞれのメーカーに頼む事になります。イニシャルコストは高くなります。また、電気容量も大きくなります。

オール電化システム
オール電化システム

オプション・その他

  • エネファーム

    エネファームは燃料電池のしくみを使い、家で使う電気とお湯を一緒につくりだすシステムです。

  • エコウィル

    少しのエネルギーもムダにしたくない今だから、家で発電して省エネルギー、省電力。

  • SOLAMO

    太陽エネルギーを効率よく活用してお風呂も暖房も。だから光熱費を大幅カット。

  • アフターサービス

    TESには、設置後に保証期間を設けており、期間中に発生した故障は、無料で修理いたします。また、保証期間後も安心して長くお使いいただくためにアフターサービスをご用意しています。

TESの導入は、東京ガスにご相談ください

  • 豊富な導入実績

    豊富な導入実績

    数多くのお客さまにTESにより快適さをお届けしてきた豊富な経験を活かし、最適なシステムをご提案します。

  • 専門スタッフによる安心取り付け

    専門スタッフによる安心取り付け

    機器のことだけではなく、東京ガスのサービスや料金プランのことなどもお気軽にご相談ください。

  • 充実したサポート体制

    充実したサポート体制

    ・東京ガス製品であれば、補修部品などが比較的速やかにご提供できます。

    ・万が一のガスのトラブルの際にも東京ガスへご連絡ください。ガス漏れには24時間対応しています。

このページの先頭へ