エネファーム

資料請求・見積もり

詳しいしくみ

家庭用燃料電池「エネファーム」各ユニットのしくみと役割。

image

このコンテンツを閲覧するにAdobe Flash Playerが必要です。

※Adobe Flash Playerをインストールされていない方は、Adobeのサイトより最新のFlashPlayerをダウンロードしてご覧ください。
※また、ブラウザの設定でJavaScriptを「無効」にされている方は、「有効」にしてご覧ください。

image

※これはイメージ図です。実際の構造とは異なります。

発電
[燃料処理装置]
都市ガスと水蒸気を反応させ、水素を取り出します。
[燃料電池スタック]
取り出した水素を、燃料電池スタックへ供給。空気中の酸素も取り込み、電気と水を発生させます。
[インバータ]
水は水蒸気として、燃料処理装置で再利用。電気はインバータで交流電気に変換され、自宅へ。
排熱利用
[熱回収装置]
燃料処理装置や燃料電池スタックから発生する熱を回収します。
[貯湯タンク]
回収した熱で貯湯タンクの水を加熱してお湯をつくり、給湯として利用。排熱は暖房には利用しません。
バックアップ熱源機
[バックアップ熱源機]
タンク内のお湯の温度が低い時やお風呂の追いだき時に稼動します。床暖房やミストサウナなどに使う温水はここでつくります。