閉じる

パナソニック製の主な特徴

ENEFARM ENEFARM

エネファームのしくみ

 発電のしくみ
都市ガスから取り出した水素と、空気中の酸素を反応させることで発電します。
 給湯のしくみ
発電時に発生する熱を回収し、約60℃のお湯をつくり、給湯のために利用します。バックアップ熱源機もついているので、お湯切れの心配もありません。
 暖房のしくみ
床暖房やミストサウナに使う温水は、バックアップ熱源機からつくられます。
エネファームのしくみ
※上記は別置型の例です。一体型の場合、バックアップ熱源機は貯湯ユニットに内臓しています。

自動で省エネ運転
ご家庭ごとの生活スタイルに合わせて、
自動で省エネ運転します。

エネファームは、ご家庭の電気とお湯の使用パターンを学習。
それぞれのご家庭に合わせ、省エネになるよう自動で運転。

1日の運転イメージ例(実際の運転はご家庭ごとに異なります)

※下の図は横にスクロールできます。

1日の運転イメージ例
  • ※貯湯タンクのお湯が足りない時でもバックアップ熱源機が即時に燃焼するので、お湯切れにはなりません。風呂の追いだきや温水床暖房使用時にもバックアップ熱源機が燃焼します。
  • ●エネファームの1日あたりの発電時間は、季節やご家庭での電気・お湯の使用状況により異なります。モデルケースでは、お湯の使用量が少ない夏場で12時間程度、冬場では最大24時間となります。(当社試算)
  • ●発電時の熱を活かして必要なお湯をつくります。お湯のご使用量によっては、発電し続けるとお湯を余らせてしまうことがあるため、省エネになる分だけ発電します。
  • ●機器の性能を保つため、連続発電時間は最大120時間までとなります。通常、エネファームは1日1回を上限に発電を行いますが、「貯湯量発電」および「手動発電」では、所定日数に限り、1日で2回目の発電が可能です。
  • ●電気・お湯の使用状況によっては発電しないことがあります。
  • ●発電モードを選べます。最も省エネで発電する「おまかせ」がおすすめですが、「予約発電」・「貯湯量発電」・「発電優先」・「お湯優先」なども選べます。
  • ●冬場はお湯の使用量・使用頻度が高いため、貯湯量が増えにくくなります。

かしこい「学習機能」を搭載

ご家庭のエネルギー使用状況をエネファームが学習し、
最も省エネな運転パターンを導き出す機能を備えています。

かしこい「学習機能」を搭載
※「おまかせ」モードの場合。

発電しながらお湯をつくります

発電時の熱を捨てずに活かすのが、エネファームの大きな魅力。
あらかじめ省エネになる分のお湯の量を考慮して無駄のないように発電します。

発電しながらお湯をつくります
※追いだき・暖房には発電時の熱は利用せず、バックアップ熱源機で行います。

エコ効果を実感
リモコンでもスマートフォンでも、
エネルギーの使用状況が見える。
ご家庭でも外出先でも、楽しみながらエコ生活。

エネルギーは、そもそも目には見えにくいもの。
それを「見える化」したのが、エネファームのエネルックリモコンです。
ご家族が自然とエネルギーの使い方を考えるようになります。

リモコン

見やすいカラー大画面に、発電量や使用電力量などを表示。

※下の図は横にスクロールできます。

リモコン
今日の実績エネルック このボタンを押すだけで、
見える、わかる、実感できる。
太陽光発電+エネファームによるダブル発電の効果が一目でわかります。
どれくらいエコに貢献できたかを、身近なものに換算して表示します。
Point ●とにかく「見たくなる」
●家庭のエコ意識が高まる 
●環境や家計への貢献を実感
発電設定 各ご家庭にあわせて、7つの発電モード
を選ぶようになりました。
  • 発電優先
    とにかく長く発電させたい。
  • 貯湯量発電
    貯湯タンクのお湯を使い切って、
    満タンになるまで発電したい!
  • お湯優先
    たっぷりお湯を使いたい。
  • 手動発電
    いますぐ発電したい。
  • 昼間優先
    太陽光発電を接続していて売電を増やしたい。
  • おまかせ
    最も省エネに発電したい。
  • 予約発電
    時間を決めて発電させたい。
Point ●ワンタッチで発電モード設定にアクセス 
●ご家庭の多様なニーズや生活スタイルに対応
  • *太陽光発電情報を表示させるには別途工事が必要です。(0.1kW未満は表示されません。)
  • ※蓄電池を併設している場合は、太陽光発電の表示が出来ない場合があります。
  • ●本製品は計量法の対象商品ではありません。リモコンに表示される数値は目安であり、HEMS等に表示される値、電力量計の値、電力会社からの請求書等、各種数値と異なる場合があります。また太陽光発電や蓄電池を併設の場合も、太陽光発電や蓄電池のモニターに表示される値等とリモコンに表示される数値が異なる場合があります。
  • ●モデル画⾯は「ダブル発電住宅」を想定したものです。
  • ●このリモコン画像はイメージです。ご使⽤のご家庭ごとに数値等は異なります。
【エネルックリモコンの表示について】
《CO2削減量とエネルギー削減量の換算値》
[ブナの木が1年で平均してCO2約5kgを吸収すると仮定して計算(実際のブナの木が吸収する量とは異なります。)]
1森=500kg-CO2(木100本=森)、 1木=5kg-CO2、 1葉=0.05kg-CO2(葉100枚=木)
1レジ袋=37.24g/枚-CO2((社)プラスチック循環利用協会より)
1車=200g-CO2/km((財)省エネルギーセンター「家庭の省エネ大辞典」(2012年度版)、環境省「温室効果ガス排出量算定・報告マニュアル」より)
1エアコン=115.23g-CO2/時間(日本冷凍空調工業会ホームページ)

停電時にも対応
「停電時」も発電できる安心感。
エネファームはもしもの時に備えます。

レジリエンスモデル(停電時発電継続機能付き)なら停電した場合でも発電します。
もしもの時にも、照明や通信機器が使える電力を確保できます。※1

  • *本機能付きは、NA-0717ARS-KB(千葉市・成田市・群馬県エリア仕様:NA-0717ARS-KTB)

レジリエンス(災害対策機能の強化)

外部電源起動が可能

レジリエンスモデルでは、停電中にエネファームが止まっていても、市販の蓄電池や発電機などのAC100V電源で、エネファームを起動することができるようになりました。※2

災害時に水を取り出すことが可能

災害時にタンクにたまった水を取り出し、雑用水として使用することが可能です。市販のホースにつなげば簡単に水が取り出せます。(断水時にタンクの水を抜いた状態では、エネファームの発電はできません)
*一般モデルでも水を取り出せます。

停電時にお湯や床暖房も使えます

お湯は自動湯張りやシャワー・炊事などでお使いいただくことが可能です。また、床暖房も使えます。これらに必要な電力はエネファームから直接供給されるのでコンセント差し替えの必要はありません。(エネファームと接続されている給湯・床暖房の場合)

  • ※1 停電時にエネファームを発電するには、都市ガスと水道が供給状態であることが必要です。 
  • ※2 すべての市販の蓄電池、発電機での起動を保証するものではありません。なお、起動可能な条件の目安は、〈電圧AC101V±6V、電力1kW以上、容量500Wh以上〉です。

停電発生時にエネファームが発電している場合、エネファームが発電を継続して、電気を供給します。
さらに、停電中にエネファームが停止した状態でも、外部電源を使用することで起動が可能です。

  • 停電時専用コンセントが使用可能になります。使いたい電気製品のプラグを停電時専用コンセントに接続してください。

※下の図は横にスクロールできます。

エネファームのシステムイメージ
  • ※3 乾電池で動作するガスコンロが使用できます。停電で換気扇がご利用になれない場合は、窓を開けるなど十分に換気を行ってください。

発電継続の運転イメージ(一例)

※下の図は横にスクロールできます。

エネファームのシステムイメージ
発電可能時間 最長約8日間(停電前の発電開始から192時間) 最大使用電力の目安 約500W
発電可能時間 最長約8日間(停電前の発電開始から192時間) 最大使用電力の目安 約500W

使用電力の目安(東京ガス調べ)

LED照明約8W~ 携帯電話充電 約15W ガス温水床暖房(8畳) 約50~100W 扇風機 約30~50W 液晶TV32型 約50~150W ノートパソコン 約50~100W
シャワー(10リットル/分・40℃) 約60~70W ※機種や使用状況 により異なります。
  • ※4 使用電力には、貯湯ユニット・バックアップ熱源機の消費電力も含みます。使用電力の合計が500Wを超えると、一旦電気出力をストップし再度供給することを何回か繰り返します。速やかに電気製品の電源を切らないとエネファームは停止となります。

リモコン操作方法

以下の手順で操作すると、停電時でも電気やお湯を使うことができます。

1 停電発電モード設定を「入」にしておく 2 使用電力を確認する 3 長く発電する場合は浴室排水設定を「入」にする(任意) 停電が復旧 停電時専用コンセントから電気製品のプラグを外して元の状態に戻す 1 停電発電モード設定を「入」にしておく 2 使用電力を確認する 3 長く発電する場合は浴室排水設定を「入」にする(任意) 停電が復旧 停電時専用コンセントから電気製品のプラグを外して元の状態に戻す

外出先でも操作
スマートフォンによる
『ネットワーク接続サービス』(2017年8月サービス開始)

ネットワーク接続サービスについて

エネファームをインターネットに接続することで、スマートフォンアプリによる「エネルギー使用状況の見える化」や「ガス機器の遠隔操作」などが可能な「ネットワーク接続サービス」がご利用いただけます。

ネットワーク接続サービスについて

アプリを使ってできること

見える化
見える化
機器操作
機器操作
コミュニケーション
コミュニケーション
  • ※アプリに表示している使用量および光熱費は、エネファームを通じて計測したガス・電気・お湯(水道)の各使用量および、当該使用量にアプリ内で設定された単価を乗じることで得られる概算の代金相当額であり、お客さまの住居等におけるガス・電気・水道の使用量の全量および実際のガス・電気・水道代金とは異なります。

スマートフォンアプリとエネパをもっと知るには

スマートフォンアプリでできること
エネパのうた

サービス申し込み前のご準備

①LANケーブルの配線工事
対象エネファームの設置工事と合わせて、エネファームから宅内までのLANケーブル配線工事を実施いただく必要があります。
対象エネファーム:パナソニック製エネファーム17年度モデル(品番:NA-0717ARS-K、KB、KT、KTB)
②インターネット環境の準備
常時接続のブロードバンド環境(光回線、ADSL、CATVなど)をご準備ください。

システム構成(例)

※下の図は横にスクロールできます。

エネファームのシステムイメージ
  • ※写真は設置イメージです。実際の設置とは異なります。
  • ※LANケーブルの配線工事はお客様のご負担となります。

サービスにお申し込みいただくと

本サービスにお申し込みいただき、エネファームをインターネットに接続すると、
「インターネットを経由した、エネファームの最新ソフトウェアへのアップデート」「万が一の修理発生時の、メンテナンススタッフによる遠隔からのエネファーム状態確認」もできるようになるので、より安心してエネファームをお使いいただけます。

インターネットを経由した、
エネファームの最新ソフトウェアへのアップデート

万が一の修理発生時の、メンテナンススタッフによる
遠隔からのエネファーム状態確認

サービスご利用までの流れ

1 申し込み
  • サービスの申込書を東京ガスに郵送
    (または、販売店に提出)
2 ネットワーク
接続
  • ルーターへのLANケーブル接続
  • リモコンのネットワーク接続設定

詳しくは、エネファームのお引渡し時にお渡しする「ネットワーク接続方法pdfをご確認ください。

3 利用開始
  • アプリのインストール
  • アプリのログイン
利 用 料 金 無料(2020年3月まで)
  • ●利用条件:東京ガスとの都市ガス需給契約を締結いただく必要があります。
  • ※エネファームから宅内へのLANケーブル工事、およびサービスのお申し込みが必要になります。
  • ※常時接続のブロードバンド回線(光回線、ADSL、CATVなど)にエネファームを接続いただく必要があります。
  • ※スマートフォンやルーター、LANケーブルなどの必要機器・設備はお客さまご自身でご用意いただく必要があります。
  • ※スマートフォンの通信費やインターネットの接続料はお客さまのご負担になります。
  • ※アプリの画面や機能は変更になる場合があります。
  • ※サービスを有償とする場合には、料金やサービス内容について、郵送やホームページなどで別途お知らせします。自動的に有償契約に移行することはありません。

サービスに関するお問い合わせ

東京ガス株式会社 ステーション24
「エネファームネットワーク接続サービス」事務局

043-296-5288

※受付時間 9:00~17:00(土・日・祝除く)

※受付時間:月曜日~土曜日 9:00~19:00 / 日曜日・祝日 9:00~17:00

購入・買い替えは、東京ガスにご相談ください

  • 専門スタッフによる安心取り付け

    機器のことだけではなく、お住まいのガス配管やガス栓の配置などについてもご相談ください。

  • 充実したサポート体制

    東京ガス製品であれば、補修部品などが比較的速やかにご提供できます。

    万が一のガスのトラブルの際にも東京ガスへご連絡ください。ガス漏れには24時間対応しています。

このページの先頭へ