閉じる

こんな方にオススメ

たとえばこんな方・こんなご家庭に

忙しい共働きのご家庭に

共働きだと家事に使える時間はわずか。しかも、お洗濯は夫婦がふたりともお風呂から出た後。

乾燥機は時間がかかるから夜中の動作音も心配・・・

乾燥時間の比較

全自動洗濯乾燥機 乾燥169分 乾太君 乾燥52分

乾太くんなら5kgの洗濯物でも52分で乾かすことができます。通常の電気式乾燥機の3分の1の時間で済むんです。動作音も44~48dBと、図書館や静かな事務所の中とほぼ同等の静かさを実現しています。

たくさんの家事で忙しい奥さまに

お子様がいるとどうしても洗濯物の量が多くなりますね。しかも、部活や外遊びで、泥汚れのものがあると、わざわざ分けて洗わないといけません。

時間とコストが気になります・・・

ガス vs 電気 経済性の比較

ガス衣類乾燥機 電気式全自動洗濯乾燥機 約52分 約38円 (消費電力190Wh) 2時間49分 約57円 (消費電力2210Wh)

パワフルな乾太くんなら乾燥時間は電気の3分の1。しかも、コストは電気より3割ほど安くなります※a

◆算出条件
・実用衣類5kgの洗濯物を乾燥
・ガス料金は一般ガス契約(東京地区等)、電気料金は東京電力の従量電灯B契約の平成28年9月時点の原料・燃料価格に基づいて計算した税込金額(基本料金含まず)。
※使用状況によりランニングコストは異なります。(リンナイ、東京ガス調べ)

花粉や大気汚染、塩害が気になる方に

花粉や大気汚染が気になって、外干しができません。かといってシーツや毛布は部屋干しできないし・・・

乾太くんは花粉が付かなくてイイと思いますか?

そう思う56.9% ややそう思う22.6% あまりそう思わない16% 思わない4.5% n=545

洗濯物を外に干す必要がないから、花粉が衣類に付着する心配がありません。シーツや毛布まで乾燥できる(はやい乾太くん5kgタイプの場合)ので、夜も花粉に悩まされることなくスヤスヤと安眠。花粉によるアレルギー症状の緩和にも一役かいます。

※東京ガス都市生活研究所調べ

デリケートな敏感肌の方に

繊維によって、肌にチクチク刺激になったりします。もっと高いタオルを買わなきゃいけないのかな・・・

かさ高 約18cm 天日干し かさ高 約19cm 電気式全自動洗濯乾燥機 かさ高 約21.5cm 「乾太くん」

ガスの温風で繊維の根元から乾かすから、ふんわり度合いが違います。

洗濯物のニオイ・雑菌が気になる方に

部屋干しすると、どうしても気になるあのニオイ。小さな赤ちゃんもいるから、雑菌が繁殖したりしていないか、とっても心配です・・・

オムツの大腸菌もゼロ!

※各処理後の検体(オムツ)1枚あたりの大腸菌数をカウントしたもの

水洗い600,000 室内干し17,000 屋外陰干し3,600 天日干し0 ガス衣類乾燥機0 大腸菌数/枚

※東京都食品衛生協会東京食品技術研究所調べ

日当たりの悪い部屋にお住まいの方に

日当たりが悪いのと、人目が気になるので、いつも洗濯物は部屋干し。でも、なんとなく家の中がじめっとしたまま・・・

室内干しとダニの数

チリ1gあたりのダニの数(匹)

洗濯物を干している部屋 洗濯物を干さない部屋

「住まいのQ&A ダニ・カビ・結露」吉川翠、芦沢達、山田雅士 著
より東京ガス都市生活研究所が作成

オプション・その他

  • ガス栓の増設

    ・最短半日で増設可能

    ・配管すっきり

    ・2階への配管も可能

  • 修理・サポート

    機器の調子が悪くなったらこちら。確実&スピーディーに対応します。

購入・買い替えは、東京ガスにご相談ください

  • 種類が豊富で、「すぐ」使える

    エコ&経済的な使い方を提案

    ・製品在庫があれば、半日程度の工事ですぐに使い始めることができます。

    ・ガス管の増設からガス乾燥機の設置まで、すべてガス会社ならではのメリットです。

  • 専門スタッフによる安心取り付け

    専門スタッフによる安心取り付け

    機器のことだけではなく、お住まいのガス配管やガス栓の配置などについてもご相談ください。

  • 充実したサポート体制

    充実したサポート体制

    東京ガス製品であれば、補修部品などが比較的速やかにご提供できます。

    万が一のガスのトラブルの際にも東京ガスへご連絡ください。ガス漏れには24時間対応しています。

  • お手元に現金がなくても

    ・高性能の「はやい乾太くん」を、月々約1,800円台で利用できる「バリューリース」をご利用いただけます。
    一部、ご利用いただけない「はやい乾太くん」もありますので、ご相談ください。

このページの先頭へ