燃料費調整制度

東京電力などの電力会社は、発電に使う原油・LNG・石炭の燃料価格が為替レートや市場の動きに変動するため、月々の電気料金に反映させる制度(燃料費調整制度)を採用しています。
当社の電気料金も、電力会社の電気料金との価格差が変わらないようにするため、ほぼ同等の変動を電気料金に反映させていただいております。

最新の燃料費調整単価はこちらからご確認いただけます。

燃料費調整制度のしくみ

  • 原油・LNG・石炭それぞれの3か月間の貿易統計価格にもとづき、毎月平均燃料価格を算定します。
  • 算定された平均燃料価格(実績)と、基準燃料価格(44,200円/kl)との比較による差分にもとづき、燃料費調整単価を算定し、電気料金に反映します。

プラス調整・マイナス調整

44,200円/kl(基準燃料価格)

平均燃料価格 44,200円/klを上回る場合 平均燃料価格ー44,200円/klの差分をプラス調整します。

平均燃料価格 44,200円/klを下回る場合 平均燃料価格ー44,200円/klの差分をマイナス調整します。

平均燃料価格の算定期間と電気料金への反映時期

各月分の燃料費調整単価は、3か月間の貿易統計価格にもとづき算定し、2か月後の電気料金に反映します。

1〜3月の貿易統計価格 6月分電気料金

2〜4月の貿易統計価格 7月分電気料金

3〜5月の貿易統計価格 8月分電気料金

燃料費調整額の計算方法

燃料費調整額は、各月の燃料費調整単価に使用電力量を乗じて算定します。
燃料価格が上昇した場合は燃料費調整額を加算し、燃料価格が低下した場合は燃料費調整額を差し引き、電気料金を算定します。

燃料費調整単価の計算方法

平均燃料価格が、44,200円/klを上回った場合(プラス調整)

燃料費調整単価(円/kWh) = (平均燃料価格 ー 44,200円 × 基準単価 1,000

平均燃料価格が、44,200円/klを下回った場合(マイナス調整)

燃料費調整単価(円/kWh) = 44,200円 ー 平均燃料価格) × 基準単価 1,000

毎月の平均燃料価格

平均燃料価格(原油換算1klあたり) =0.1970×A+0.4435×B+0.2512×C

A:3か月における1klあたりの平均原油価格

B:3か月における1tあたりの平均LNG価格

C:3か月における1tあたりの平均石炭価格

基準単価

0.228円
(基準単価には消費税相当額を含みます)

トップへ
このページのトップへ