電気料金 再生可能エネルギー 固定価格買取制度 (賦課金等)について

再生可能エネルギー発電促進賦課金とは

国の法令(「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」)に基づき、再生可能エネルギーを用いて発電された電気について、一定の期間・価格で電気事業者が買い取ることを義務付ける制度です。
本制度により、電気事業者には、太陽光、風力など再生可能エネルギーによって発電された電気を、国が定めた単価により購入することが義務付けられています。この購入費用は、電気を利用する全てのお客さまに、全国一律の賦課金として、電気のご使用量に応じご負担いただくことになります。
詳しくは、資源エネルギー庁のホームページをご覧ください

(注) 大量に電力を消費する事業者においては、「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が減免される場合があります。
減免制度についてはこちら

再生可能エネルギー発電促進賦課金単価

現在の「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」は、以下のとおりです。

平成28年4月分 1.58円/kWh
平成28年5月分から平成29年4月分まで 2.25円/kWh

※再生可能エネルギー発電促進賦課金単価には、消費税相当額を含みます。

再生可能エネルギー発電促進賦課金のご負担について

「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は、「再生可能エネルギー発電促進賦課金単価」に電気のご使用量を乗じて算定し、毎月の電気料金の一部としてご負担いただきます。

電気料金の算定方法(税込) ※従量制供給の場合 電気料金=基本料金+電力量料金(燃料費調整額を含む)+再生可能エネルギー発電促進割賦金 再生可能エネルギー発電促進割賦金単価(円/kWh)×1か月の使用量電力量(kWh) ※全く電気を使用しない場合の基本料金は、半額となります。
トップへ
このページのトップへ