一人暮らしの電気代を
安くするには!?

一人暮らしの電気代はいくら?

総務省統計局の統計によると一人暮らし(勤労世帯)の平均電気代は月5,055円とされています。
1人暮らしは家族世帯に比べ、電気をあまり使わず電気代は少なめです。
エアコンなど電気代がかかる夏や冬の季節は高くなる傾向があります。
さらにテレワークの導入により、思いのほか電気代が高くなり、頭を悩ませている方もいるのではないでしょうか。

※総務省統計局(1世帯当たり1か月間の収入と支出 2020年調査)

テレワークでこんな風に一人暮らしが変わった!

これまでそんなに意識することは少なかったかもしれませんが、テレワークによる環境変化の一例には、以下が挙げられます。

  • テレワークで仕事を行うため、1日中家でパソコンを使っている
  • 生活には支障がなくても、仕事は暗い中ではできないため曇りの日など電気をつけることも多い
  • 外出が減り、外食が少なくなったため、3食を家で食べることが多く、電子レンジなどの使用頻度が上がった
  • 外出を自粛しているため、テレビや映画などを自宅で見る機会が増えた

テレワーク以前の昼間は、会社の空調の整った環境で仕事をしていましたが、この冬もテレワークで、否応無しに自宅でのエアコン使用時間が長くなることが予測できます。暑い夏も寒い冬も、熱中症やヒートショックなどの予防のためにも空調は大切ですが、電気代も気になりますね。

一人暮らしの電気代節約方法

テレワークの導入で、今までよりさらに電気代があがりがちですが、電化製品の使い方の工夫で電気代が節約できるかもしれません。

一人暮らしでも東京ガスの電気に切り替えるだけで電気料金が安くなるかも?

電化製品での節約も大事ですが、節約を頑張らなくても電気を切り替えるだけで、電気料金が安くなることがあります。電気のお切り替えがまだの方は、ご使用量に関わらずおトク※1になる「基本プラン」がおすすめです!

基本プランの
新規お申し込みで
電気代基本料金

3ヶ月無料!!

※契約時期によらず、今後の新規ご契約者の基本料金が3ヶ月無料となったことを意味

※都合により終了する場合があります

※詳細につきましては「付帯メニュー定義書」をご確認ください

くわしくはこちら

切り替え手続きが簡単!

●検針票をお持ちであれば、スマートフォンでの手続きがたった5分でカンタンです!

検針票をお持ちの方

ガスと電気の検針票をご用意ください

検針票を撮影して
スマホカンタンお申し込み

※申し込み時間の平均

検針票をお持ちでない方

ご契約中の電力会社にお問い合わせ
いただき下記の番号をご用意ください

  • □ 供給地点番号

    (0で始まる22桁)

  • □ お客さま番号

    (加入されている電力会社により
    番号の種類は異なります)

お申し込みはインターネットで完結! お申し込みはインターネットで完結!

●東京ガスなら、お申し込み手続き以外の面倒な切り替え手続きは「原則不要!」

切り替え工事不要 現電力会社への解約連絡不要 申し込み費用不要 電気機器の交換不要

※お客さまの電気メーター設置状況や現電力会社との契約状況により、別途費用の発生や現電力会社へのご連絡をお願いすることがあります。

その他のお手続き